高年大学鯱城学園

学生会

社会研究Social Research

名古屋市役所

2023-05-23

 23年5月23日に名古屋市役所本庁舎を訪問しました。
 普段は通り過ぎるだけ、薄暗い庁舎に入っても早く要件を済ませたい、そんな思いの市役所訪問は天候に恵まれ、玄関前に集合し、記念撮影の後、2グループに分かれて見学をしました。

 ①庁舎模型を見ながら、市庁舎の変遷の説明を受けました。現在の庁舎は三代目で、昭和8年に竣工したものです。その後、増改築を受けながら現在に至っています。外観で一番異なるのは暖房用の「煙突」の撤去でした。あまり高くなかったのが印象的でした。煙が気になったでしょうね。

 ②貴賓室の機能は市長公館に引き継がれています。歴史的に貴重な部品が室内に残されていました(かなりのものは戦中の金属拠出で返還されず、代用品で賄われている)。それでも賓客専用の手洗いを含めて貴賓室は目を見張るものがありました。

 ③中央廊下は議場に通じる廊下でしたが、現在は使われていません。廊下から見る中庭部分には古い時代の建造物の名残が歴史を感じさせてくれました。廊下のタイルは特に映画撮影の注目の的のようで、撮影所に模倣品を作っているところもあるようです。

 ④市役所職員でも殆ど登ったことがないという、屋上からの本庁舎時計塔。名古屋城の眺めは抜群で、近い将来の名古屋城の改築への期待が膨らむものでした。